「新型コロナウィルス感染症」対応 -無償保守期間1ヶ月延長-

「新型コロナウイルス感染症」対応のお知らせ

Short URL : http://www.raymedical.jp/news/「新型コロナウイルス感染症」対応についてのお/

 

ユーザー各位

拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

まず、新型コロナウイルスの感染者が日増しに増えている中、歯科医院の皆様が
御無事であることを切に願っております。

既に報道にて皆様ご承知の通り、昨日4月7日政府より緊急事態宣言が発令となりました。
その為、弊社でも業務に支障が発生する可能性が高まっております。

今のところ、各事業所への休業要請は強制ではない為、平常通り販売及びテクニカル・サポートサービスは行っております。
ですが、弊社以外の海外法人(アメリカ、ドイツ、オーストラリア、台湾、香港、カナダ)を通じての情報によりますと、
歯科でのエアロゾル問題のため強制休診が実施されております。
日本法人であるRAY JAPANでは、万が一の場合に備えてユーザー各位の被害を最小限にできればと存じます。

 

【対応策 その1】
診療時間内に機器の電源を入れていただければ、
弊社のI.o.T(モノのインターネット)システムである「RAYGuard」を通じて機器の状態をリアルタイムで自動点検し、
単純なトラブルは自動で解決する機能が作動します。

 

【対応策 その2】
医院様にて休診の決定をされる場合もしくは、政府からの休診要請がある場合、最長1ヶ月の無償保守期間の延長を致します。
(但し、無償保守期間が満了された歯科医院様の場合、無償保守期間延長は難しく、休診期間が終えられた時点で機器の点検を実施致します。)
下記URLをクリックし、医院名、休診期間、休診事由をご記入し送信ください。

 

【対応策 その3】
企業に対して政府からの休業要請があった場合、円滑なサービスの提供が困難な状況が発生する可能性がございます。
その場合、医院様へご迷惑をお掛けした期間をお知らせいただけますようお願い申し上げます。
ご迷惑をお掛けした期間と等しい日数、無償保守期間を延長致します。
下記URLをクリックし、医院名、ご迷惑をおかけした期間を入力し送信してください。

かかる状況の下ではございますが、弊社は引き続き、皆様をできる限りサポートさせていただきます。
至らぬ点は多々あるかと存じますが、皆様のご理解とご協力に厚く御礼申し上げます。

敬具

Tags:
,